ミュゼの完了コース

過去はエステ脱毛と言うと料金が高かったです。脱毛のメニューだけを扱っている専門店と言うのもなかった時代です。フェイシャルやダイエットのコースもあることから、勧誘も激しかったです。ユーザーのブログをチェックしているときに広告で知ったのがミュゼプラチナムです。サロンのホームページを拝見してみると、過去では考えられないほどリーズナブルなコースがズラリとあります。脱毛の方法も光系で、アフターケアもセットになっているようです。

そんなミュゼプラチナムに興味を持って相談へ行ったのは2015年の頃だったと思います。駅ビル内と利用しやすく、店内もきれいな感じでした。ドアを開けた正面にカウンター、その右側がウェィトのスペースです。ミュゼプラチナムでワキの脱毛をするときは、ジェルを塗ってから光を当ててアフターケアをしてくれます。サロンのホームページにあるように両ワキの完了コースで契約すると何度も利用できます。サロンの印象も真新しく、脱毛をしてくれるスタッフも丁寧です。ワキだけなら短時間で終わりますし、次回は会員サイトから予約ができます。ただしミュゼプラチナムのS.S.C脱毛は、次回に何ヶ月かの期間を空けなくてはなりません。

脱毛サロンで不満な点

先日、全身脱毛をしたのですが…。抜けません。光脱毛は数カ所行ったことがあるのですが、こんなに抜けないのは初めてです。特にVラインや脇は、抜けていくのがわかりやすいのですがあまりにも抜けません。そのサロンは2回目で、前回あまり抜けなかったので、少し強めでお願いしますと伝えました。強くはしてくれたみたいですが、後日赤く腫れ上がりかゆみが酷かったです。それなのに、全然抜けずなんのためにかゆい思いまでしたのかわかりません。しかも、スタッフさんも2人で施術してくれたのですが、1人は流れ作業のように扱われた印象でした。最後の声掛けはとても心があったまったので、まだ救われましたがそれがなかったら絶対次はいきません。なんだか、いいところがほとんど無く自分の時間を使う価値があるのかなと思ってしまいます。キャンペーンを使用しお金がかかっていないので通っていますが、お金がかかっていたら苦情をとても言ってしまっていたと思います。むしろ、キャンペーンだから手を抜いているのか?と思ってしまうほど…。やはり、脱毛サロンやエステはスタッフさんの人柄で全て満足度が決まると思います。せめて、丁寧に施術してくれたらまた許せるんですけどね…

今年はつるつるすべすべの皮膚に挑戦します!

本数は多くないのですが濃くて太いため、とても目立ったムダ毛で気になっていました。中学生の時は100均の剃刀、お小遣いを貰えるようになった高校生の時は除毛クリームと剃刀、アルバイトが出来るようになった大学生になってからは家庭用脱毛器と剃刀、という風にあれこれ手段を変えて除毛していました。
剃刀で剃る方法は一番手軽でしたが、使い慣れていない剃刀を使うと皮膚まで切れてしまうことも度々ありました。だんだん肌が傷んできただけでなく、明らかに剃刀で失敗して切ったと分かる直線状の傷がとても恥ずかしくもありました。
高校生になってからは、同じようにムダ毛に悩む数人の友達と一緒に除毛クリームやワックスなどを試していました。ワックスは薬剤を作ったり処理したりするのが面倒でしたし、皮膚から取り除くときの痛みも強烈でしたので、すぐ諦めました。除毛クリームは毛が残ってしまいがちで、結局剃刀と併用せざるを得ませんでした。その後大学生になり、初めてのアルバイト代で家庭用脱毛器を購入したのですが、宣伝でPRしているほど脱毛効果がなく、結局は剃刀で剃っていました。
当時生活していた場所が田舎地帯だったため、脱毛サロンは1軒もありませんでした。ですので、社会人になってからも、ただ何となく剃刀でムダ毛を処理する日々が続いていました。
そんな私でしたが、今年の始めに転職をしました。これまではほとんどパソコンが相手の事務職でしたが、人が相手のサービス業に就くことになりました。そうなると、これまでは内勤だからとサボリ気味だった外見をしっかり整えないといけません。お化粧はもともと興味のある分野なので問題なかったのですが、何とかしなければならないのはムダ毛でした。エチケットとして一応気を付けてはきたのですが、指毛を剃り忘れていたり、腕の毛を処理していないのにうっかり袖をめくってしまったりという失敗が多かったので、出来れば永久脱毛してしまいたいと考え始めていました。このところ、自分が住んでいる地方にもいくつかの脱毛サロンが進出してきたので、一生に一回は利用してみてもいいかなという気持ちもありました。
でも、初めての事なので、脱毛サロンをどのように選ぶのが良いのか分かりません。そこで、ネットで調べてみました。
まず、脱毛できる場所はサロンとクリニックがあることを知りました。クリニックは医師が施術するので、より効果の高い永久脱毛が可能ですが、健康保険がきかず金額も高くなること、サロンはエステティシャンが施術するもので、クリニックに比べると効果は弱いけれども、同業者との競争が激しいこともありいろいろな低価格なプランが用意されていること、という基本的なことが分かりました。
私としては、永久脱毛が理想ではありますが、ムダ毛が目立たなくなれば良いので、クリニックよりはサロンが向いていると思いました。それでは、どこのサロンにするかを選ばないといけません。さらにネットで口コミを調べてみました。
その結果選んだのが、ミュゼさんです。全国展開している安定感と、顧客満足度1位という安心感、多くのプランのほか返金システムもあるサービス、初心者向けの格安プランがあること、通勤途中にあって通いやすいことなどが決め手となりました。
実は、今の職場に、かつて地元のミスコンで準優勝した経歴のある女性がいます。外見が美しいだけでなく気配りも行き届く素敵な人なのですが、特につるつるすべすべの皮膚がとても綺麗です。今年は、彼女を目指して美しい皮膚に変身してみようかなと思っています。久しぶりに頑張ります!

美容整形外科や皮膚科で脱毛する!

今では地元の皮膚医院でも脱毛をしてもらえるようになりました。なにもエステティックサロンに行かなければ脱毛してもらえないわけではないのです。それに皮膚科医院だけではなく、美容整形外科医院でも、脱毛をしてもらえますから。しかも、これらドクターのいるクリニックですと、脱毛は医療脱毛まで可能ですからね。それはとても魅力でしょう。

まず、なぜに医療脱毛がいいのかといいますと、それは効果の高さです。ドクターがお店にいることで、出力レベルの高いレーザー脱毛を受けることができますので、その分効果も高いのです。ただ、痛みに関してもレーザー脱毛の出力レベルと効果に比例するように、医療脱毛の方が大きくなります。けれど、医療レーザー脱毛の痛みはニードル脱毛に比べたら、麻酔だって要らないレベルで耐えられないぐらいではないでしょう。まあもっとも、痛みの感じ方も個人差がありますけれど。

それに、ドクターのいるお店で脱毛を受けた場合、もしも何らかのトラブルがあった場合は処方箋だって出してもらえますからね。それに皮膚トラブルにしてもその他の部分にしても、必要に応じて適切に対処してくれるところが安心します。「トラブルが起こることの方が少ないし、トラブルが起きなきゃべつにいいじゃん」と思う人もいるでしょうけれど、心の保険としても大事ですから。

プロに脱毛してもらったはずですが・・・

脱毛したくなる季節が今年もまたやってきました。このくらいの季節になると半袖を着てちょうど良い日も出てくるため腕の毛やワキの毛が気になり出します。人によってはヘソ出しファッションをしたくなりおへそ周りのむだ毛も気になるかもしれませんね・・・。開放的になる夏に向かって脱毛したくなる人が増えることでしょう。

私はむかし大手エステティックサロンにて脱毛施術を受けました。かなり痛みを伴う脱毛施術でしたが30年ほど前は最近人気の光脱毛方式なんてなかったのです。その当時主流だったのは、ニードルを毛穴に差し込んで電気を流し毛根にダメージを与えるというちょっと拷問をイメージするような脱毛法でした。

これはニードルを使って脱毛することからニードル脱毛と言われていました。プロといってもその道何十年の人がニードルを扱うわけではないので誰が担当になってもかなり痛みがあり、施術が終わった後はヒリヒリピリピリと肌が傷んだものです。

それできれいな肌になったかと言えば、施術したはずの肌には他と同程度の毛がきちんと整列して生えているのですから笑い話にもなりません。この経験をしてから私は脱毛をしている場所へ足を向けなくなりました。

ミュゼプラチナムおすすめ脱毛コース

ワキの脱毛をはじめるならミュゼプラチナムをおすすめします。こちらのサロンなら完了のコースがあります。「完了」が指しているのは、無期限、無制限のことです。初回にワキの脱毛コースを契約するだけで、ずっと脱毛ができます。サロンのホームページからは、脱毛メニューから美容脱毛完了と言うコースで提示されています。ワキと別にムダ毛が気になる箇所があるときは、フリーのプランが便利です。気になる箇所や回数をセレクトして契約することができます。自分も腕の脱毛を体験してみたことがあります。ミュゼプラチナムのフリーセレクトで腕の部分は、幅の広いLパーツに該当します。料金は単価で6,000円、4回24,000円、6回36,000円になりますが、キャンペーンの期間はすべて半額です。ムダ毛が気になる箇所がたくさんある場合は、フリーセレクトと別に全身コースバリューで契約する方法があります。このコースは、ヒジ下、ヒザ下に加えて、Iライン、トライアングルなどセットで契約が可能です。サロンのホームページからは、スタンダードA、うでプラスA、あしプラスDで紹介されています。美肌になりたい女性はミュゼプラチナムを活用してください。

脱毛が痛い理由と痛みの度合いについて調べてみた

大手の脱毛サロンで脇とVラインを脱毛したのですが、光線を当てられると熱くてチクチクと痛かったんですよね。1度お試しでやった脚は全く痛くなかったのに、なぜ脇とVラインは痛いのか疑問に思いました。また他人の声を聞いた事が無いので、どれくらい痛いのが普通なのかも分からずちょっとモヤモヤしたのです。なので脱毛が痛い理由と、通常の痛みの程度を確認してみました。分かった事は痛みの度合いはその人自身の感じ方によるモノで、人と比べる物では無いという事です。しかし一般的には、「輪ゴムを弾いたような痛さ」と言われているそうです。また痛みの度合いは、場所によっても変わるとの事でした。光脱毛の場合、脇とVIOラインは痛みが強い部位に入りました。理由は、毛が太いヶ所だからです。なぜ毛が太いと痛くなるのかと言うと、光脱毛にて発射される光は黒い色に反応するからなのです。脱毛前に事前処理をするとは言え、皮膚の奥には黒い毛が残っています。だから太い毛が密集している脇とVラインは、痛かったのです。脱毛でチクチクする理由が分かったので、スッキリしました。それと余談ですが自転車競技を行う人は毛が多いと風の抵抗を受けるため、男性でも脚の脱毛をされるそうです。