脱毛サロンで不満な点

先日、全身脱毛をしたのですが…。抜けません。光脱毛は数カ所行ったことがあるのですが、こんなに抜けないのは初めてです。特にVラインや脇は、抜けていくのがわかりやすいのですがあまりにも抜けません。そのサロンは2回目で、前回あまり抜けなかったので、少し強めでお願いしますと伝えました。強くはしてくれたみたいですが、後日赤く腫れ上がりかゆみが酷かったです。それなのに、全然抜けずなんのためにかゆい思いまでしたのかわかりません。しかも、スタッフさんも2人で施術してくれたのですが、1人は流れ作業のように扱われた印象でした。最後の声掛けはとても心があったまったので、まだ救われましたがそれがなかったら絶対次はいきません。なんだか、いいところがほとんど無く自分の時間を使う価値があるのかなと思ってしまいます。キャンペーンを使用しお金がかかっていないので通っていますが、お金がかかっていたら苦情をとても言ってしまっていたと思います。むしろ、キャンペーンだから手を抜いているのか?と思ってしまうほど…。やはり、脱毛サロンやエステはスタッフさんの人柄で全て満足度が決まると思います。せめて、丁寧に施術してくれたらまた許せるんですけどね…

プロに脱毛してもらったはずですが・・・

脱毛したくなる季節が今年もまたやってきました。このくらいの季節になると半袖を着てちょうど良い日も出てくるため腕の毛やワキの毛が気になり出します。人によってはヘソ出しファッションをしたくなりおへそ周りのむだ毛も気になるかもしれませんね・・・。開放的になる夏に向かって脱毛したくなる人が増えることでしょう。

私はむかし大手エステティックサロンにて脱毛施術を受けました。かなり痛みを伴う脱毛施術でしたが30年ほど前は最近人気の光脱毛方式なんてなかったのです。その当時主流だったのは、ニードルを毛穴に差し込んで電気を流し毛根にダメージを与えるというちょっと拷問をイメージするような脱毛法でした。

これはニードルを使って脱毛することからニードル脱毛と言われていました。プロといってもその道何十年の人がニードルを扱うわけではないので誰が担当になってもかなり痛みがあり、施術が終わった後はヒリヒリピリピリと肌が傷んだものです。

それできれいな肌になったかと言えば、施術したはずの肌には他と同程度の毛がきちんと整列して生えているのですから笑い話にもなりません。この経験をしてから私は脱毛をしている場所へ足を向けなくなりました。